家計にやさしい舌をもった男

結婚して一年と少し、家事のほとんどは妻である私がやっています。
もちろん、買い物もです。妊娠中ですら、重たいものを持ち運びしていました。

しかし、出産し産褥生活に入り外出できなくなったことにより、買い物担当は主人になりました。
休日や仕事が早く終わった時に買い物をしてくれます。

男の人に買い物をさせると高くつくといいますが、我が家ではそれが当てはまらないようです。
買い物の品は私が注文することもありますが、基本的には主人に任せています。なので、自然と主人の好みに傾きます。

主人は高価なものが嫌いで安いものが好きなのです。
例えば、魚だといくら、うに、生の青魚がだめで、いかやたこが好きです。お刺身やお寿司だと一番安いものが主人の口に会うのです。
安上がりな人と結婚してよかったです。

Comments are closed.